AYANO presents
"Art Your Life" 〜life and death〜
supported by A.C.T

2016.12.03(Sat), 04(Sun)

会場
The Artcomplex Center of Tokyo(A.C.T)
B1 Artcomplex Hall [MAP
開館時間
12/3 (Sat) 11:00 〜 20:00
12/4 (Sun) 11:00 〜 18:00
入場無料

AYANOの演奏は各日、下記時間(印)に行われます。
12/3 (Sat) 12/4 (Sun)
12:00〜
12:30

with マエダトシユキ
(ライブペイント)

with noiri
(ベリーダンス)
14:00〜
14:30

with noiri
(ベリーダンス)

with noiri
(ベリーダンス)
16:00〜
16:30

with マエダトシユキ
(ライブペイント)

with マエダトシユキ
(ライブペイント)
18:00〜
18:30

with noiri
(ベリーダンス)

展示概要

ポストロックバンドAYANOが中心となってギャラリーで開催するアートイベントです。様々なアーティストが生物絶対の共通事項である「生と死」というテーマに対し、それぞれの解釈と手段・手法で表現した作品が一堂に会す展示会です。
AYANOはこれまで音楽以外のアーティストとのコラボレーションを中心に活動してきました。あくまで音楽は表現手段の一つだと考えるからです。しかしそこで自分たちが音楽を選んだ為に、これまではどうしても音楽が中心となる場所で活動してきたのも事実です。そこで今回は音楽以外の表現手段をとられているアーティストが多く集まる場所を舞台に選びました。アーティスト各々の異なる表現手段を来場者になるべく同列に体感して欲しいと願っております。

"Art Your Life"とは

AYANOのこれまでの活動の中心としている"Art Your Life"とはその名の通り、"生活に芸術を"という意味です。
音楽はもとい、芸術というものが人々の生活や精神・哲学に深く浸透し、生活レベルにまで影響する物であって欲しいというところから来ています。
人間は生涯にわたり自分の知識や経験を拡張し続ける生き物で、学校に行ったり、仕事をしたり、上司・先輩からの説教・経験談を聞いたり、同僚や友人との他愛もない話・愚痴・アドバイス、家族との会話、恋人との会話...という社会的経験が大きく作用し、人格を形成・更新し生活を営んでいます。そこに芸術があってもいいのではないか。芸術も人の話を聞いているのと同じようなもので、知らないもの・自分に無いものに触れることと等しく、それは人生を素晴らしく豊かにするものです。
この動機から、環境として話す側(アーティスト)も聞く側(観る者)も互いに動機を持った上で落ち着いて対峙できる場所で行う活動、これがAYANOの活動の主軸、"Art Your Life"です。
▲TOPに戻る

アクセス

The Artcomplex Center of Tokyo(A.C.T)
〒160-0015 東京都新宿区大京町 12-9
03-3341-3253

【A.C.Tより注意事項】
・当館は住宅街にあるため、館外での喫煙・携帯電話の使用・待ち合わせ等はご遠慮いただいております。騒音のための苦情がくる場合がございます。
▲TOPに戻る

AYANO

▲TOPに戻る

出展作家

※出展予定でしたeri kawakamiは諸事情により出展取りやめとなりました。(12/1 更新)
加納 明子 [針金アート]
2005年より針金アートを独学で開始。
「いかにシンプルな線で物事を伝えられるか」というところにこだわって制作をしています。
glass psycho [ステンドグラス]
漫画に特化した出版社に勤務、某漫画雑誌の編集長を経て定年後、ステンドグラス作家として活動を始める。
若杉 玖未
液体インク、墨、鉛筆等身近な画材とCGを組み合わせた独自の展開方法で抽象的なアートワーク、神秘的な世界観を表現。発想の素は現代の人々が抱える不安や闇の部分。今の時代だからこそ必要な芸術表現はとは何かを見つめ、作品を通じて鑑賞者に共感を求めたり疑問を投げかけます。
yukikomari [創作写真]
【yukiko】hair&make-up、photographer、着付師、特殊メイクとして活動の傍ら作家として個展やデザインフェスタでの絵画展示の経験を持つ、多業種artist。Artで独創的な美を表現する。
【mari】photographer。photoとArtで表現するartist。人の心の素晴らしいキラキラした本質を自分を通して引き出し、その方の背中に自由の羽を齎らす。。。
人は日々進化し退化している
人と気持ちをシェアーしている時、食事をする時、笑う時、ニオイや空気を感じる時
何気ないアクションが自分を作り出し、想像していく。
それは一つの宇宙でありファッション…私はそう思う。
ryuki yasui [立体造形]
フラワーアーティストとして活動。
講師、デザイナー活動を経て、今は麻布十番にあるアトリエodeurのトップアーティストとして所属。
世界中の様々な生花、植物を扱い、独創性のある作品を創り出し、空間装飾や広告、MVと様々な活動をしている。
流木や、ドライフラワー、プリザーブド、などを使った造形なども数々生み出し、展示・販売も行っている。
草間 彩子 [アクリル画]
2015年より主に抽象画を制作をしております。
制作の主軸にしているテーマは「循環」
循環することの中に言えることは生命に関わる水や生死や感情、そして記憶、天候はもちろん天体の公転等、私たちが生きるなかで繰り返されるそれらを、三角形のみ具象表現にし抽象的な画面に落とし込み、間接的に表現しております。
唐杉 庸平
1986年生まれ、富山県出身。
2011年 東京造形大学美術学部造形学科絵画専攻領域卒業
主な展示
2010年「SE展」(南大沢文化会館)
2011年「千代田芸術祭」(3331arts chiyoda)
2012年「KONICA MINOLTAエコ&アートアワード」(コニカミノルタプラザ)
2015年「FUTURE CULTIVATORS PROGRAM」(public house)
2016年「TAGBOAT ART FES 2016」(TOKYO DESIGN WEEK)
マエダトシユキ [ライブペインティング]
1990 大阪生まれ
2009 神戸芸術工科大学 ビジュアルデザイン学科入学
2012 渡米
2013 帰国
2014 神戸芸術工科大学 ビジュアルデザイン学科卒業

個展歴 :
2010 旧神戸生糸検査所【マエダトシユキ個展】
2011 神戸芸術工科大学 ビジュアル学科棟 2 階ラウンジ 【foolroom】
2012 BAR sloope【toper】
神戸芸術工科大学 ビジュアル学科棟 2 階ラウンジ 【ON MAP】
2013 神戸芸術工科大学 ビジュアル学科棟 2 階ラウンジ【DEPOSIT】
ART SPACE AZITO.【PUZZLE】

グループ展歴:
2013 東京芸術劇場 ArtConfuse
2014 新東京美術館 日本アンデパンダン展
かみむらみどり [インスタレーション]
〈受賞歴〉
2014年 3331 千代田芸術祭2014 スカラシップ鴻池朋子賞

〈活動歴〉
2016年 二人展「装」(新宿眼科画廊/東京)
2016年 個展「心の澱」(新宿眼科画廊/東京)
2015年 3331スカラシップ受賞者展 VOL.5 「選!!!」(新宿眼科画廊/東京)
2015年 TRANS ARTS TOKYO 2015 「五十一八クリエイティブプロジェクト」
2015年 個展「Life and Death」(新宿眼科画廊/東京)
Su Wu [水彩画]
1988年 ロサンゼルスに生まれる。
サンフランシスコ美術大学卒業後、東京、上海、台北、ロンドンでの生活を経て「異文化同士が打ち解けるための接点』を題材とする。グローバル化によって形成された複数のアイデンティティが交わる点を個人的な代名詞ではなくオブジェクトとして集め、水彩、鉛筆、切り貼り、といった素朴かつ歴史的なメディウムで記録する。一見ランダムなアーカイブはこの世代が生きている記憶のスクリーンショットだと思う。
Aha!Create
関西の大学で機械工業を学び、ミシンメーカーに就職。
社会人学校でデザインとタイポグラフィーの面白さを知る。
退社後に渡英。
ブックデザイン、コミュニケーションデザインを学び、現地のアニメーション制作会社で短期間修行。帰国後、ネイルの会社でデザイン全般とその他を担当。
退社後、独立。
受賞歴多数
「黄色い部分が振動して全体が回転すると気持ち良さそう」
Miho Ikeda [油絵]
1983年東京都出身。
15歳の時、フランスとイタリアで西洋絵画に触れたことがきっかけで、油絵をはじめる。
18歳の時、ロンドンでダミアンハースト氏の作品に衝撃を受けすぎて、5年間アートから離れる。
東京家政大学児童教育専攻を卒業。
商社勤務を経て、2008年より美術作家として活動を開始。
二児の母親でもあり、絵本の制作や、イベントで子どもの似顔絵屋の経験も。

2009年 越後湯沢全国童画展奨励賞。
2012年~2014年
二人展「み展」①~③gallery A/N(東京日本橋)
2016年 福井サムホール美術展 入選
2016年 TDW art fair 展示参加(東京外苑前)
ayacolor [写真]
2014年から撮りためていた写真と共に活動を開始
硬質な質感とビビッドなカラーが得意
主に静物と風景。
都内で展示、イベントにて活動。

今回は、AYANOバイオリニストとしても参加中
Noiri [ベリーダンス]

(photo by Kana Tarumi)
音楽でキマれる脳ミソ。
体を動かす理由は-いまここで音がなっているから。

2015年よりNourah に師事。
Ruhani Bellydance Arts所属。
▲TOPに戻る
【AYANO Official Website】
Japanese] [English